SDGs の実践

COLUMN "next one more"

「SDGsの実践 自治体・活性化編」/村上周三・遠藤健太郎・藤野純一・佐藤真久・馬奈木俊介(事業構想大学院大学出版部)

2015年9月に国連サミットで「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択され、SDGsが策定されてから4年が経とうとしています。去年あたりからSDGsの言葉を聞く機会が増えてきており、国内においては経済界によるSociety5.0の策定やESG投資などを通して企業の動きが活発化してきました。また、行政やNPO、教育機関など、様々なセクターにおいてSDGsが急速に浸透してきています。

しかしながら一方で、グローバルな枠組みのもとに策定された目標は途上国も先進国も含めた包摂的なものであり、漠然としていてわかりにくいという声も聞きます。これを私たちの身近な暮らしの中にどう取り込んでいくのか、私たち一人ひとりが普段の仕事や生活の中で課題を解決するにはどうアプローチしていけばいいのか、理念が大きいだけに具体的な方法を見つけるのが難しいこともまた課題の一つと言えます。

本書は特に自治体を軸に身近な地域の活性化になぜSDGsが必要なのか、地域にSDGsをどう落とし込んで実践していくのかを、先行事例を交えて紐解いていきます。国際レベル、国レベルの課題を地域レベルの課題と同列に捉えることには無理があるため、それぞれを結びつけ地域レベルの課題に翻訳する必要があり、そうした工夫をローカライズといいます。グローバルな枠組みとローカルな枠組みを垂直的に連携させるアプローチや、SDGsへの様々なステークホルダーの多様なアプローチを外部情報として積極的に取り込むアウトサイドインの発想、また2030アジェンダというあるべき姿から立ち戻って実現のための計画を立案するバックキャスティングの視点といったアプローチが紹介されています。

また、自治体がSDGsを実践する際の導入のステップとして、1.SDGsの理解、2.取り組み体制、3.目標と指標の設定、4.アクションプログラム、5.フォローアップといったステップが示され、具体的な取り組み手法が紹介されています。これらのアプローチ方法は自治体にとどまらず、企業や地域で活動するNPOなどの非営利セクターでも参考にできる共通のポイントがあると思います。全国の自治体の先行事例もふんだんに取り上げられており、地域課題とSDGsをどうやって自らの活動に結びつけていくかを考えるとき、本書は解決のヒントをもたらしてくれるのではないでしょうか。

(Kazu)

コメント